一条工務店で家を建てます。気に入ったところを紹介します。

この度、一条工務店で家を建てることになりました。

ついに家を建てるのですね。どうして一条さんにしたんですか?

やーさん
やーさん

色々悩みました。今回は、何故一条工務店にしたかを書いていきます。

1、持ち家VS借家

この記事について

さてさて、私もついにマイホームの購入をすることになりました。まだ完成はしていませんが、契約を行い、一時金として、100万円を振り込んだ次第です。

 

やーさん
やーさん

人生で一番大きな買い物ですね。

今回は購入で悩んだ点・決めた点を書いていきたいと思います。

 

持ち家VS貸家

そもそもこの話はネットや動画でさんざん語りつくされている、話ですね。私も多くの記事や動画を見た結果、

どっちでも良いだろうというのが、私の考えです。

というのも、どちらも良い点があるからです。

大事なのは、現状の賃貸でかかっている金額よりも安く済み、本人が納得し、住んでいて満足のいくものであれば、そこに住むべきだということにたどり着きました。

持ち家のメリット

  • 住宅の質が比較的高い
  • リフォームや建て替えが出来る
  • 住宅ローンを完済すれば負担が軽くなる
  • 資産になる※※両学長はここには賛同していません。

資産に関しては、一部、違う見方が出来ます。家自体は住むにつれて、価値が減るのが一般的。
現在大手数社は長く住む家の方が価値があるといった取り組みをしています。

これがいわゆる、スムストックといった物です。一般的に海外では、長く住んでいられる家ほど価値があるといわれていますが、まだまだ、日本ではそうはいきません。

これは、今後の日本の家の価値を正確に測ろうというものです。

賃貸のメリット

  • 気軽に引っ越せる
  • 住宅設備や建物を自分で修理しなくて良い
  • 住宅ローンや固定資産税などを払わなくて良い

2、我が家の家賃事情

我が家の家賃

現在の我が家の家賃は、以下の通りです。

家賃:108,000円
駐車場代:16,000円

合計:124,000円となっています。

一般的家賃の考え

一般的に家賃は月収の1/3と言われています。家の購入を考えたときにはじめて知りました。

ここで一つ疑問が、、、、月収って手取り?額面?と思いますね。

少しでも余裕が出来た方が、人生豊かになると思うので、是非とも手取りでの計算を私はお勧めしています。

額面20万円の給料とすると約6.7万円の家賃

ですが、手取りで計算すると16万円の手取りになるので、約5.3万円となり、1.4万円もの差が生じるからです。
何事も少し、過小評価して計算しておくのがよさそうですね。

返済金額

返済金額は現在の金額よりも安くなるように設計をしています。

まだ確定はしていませんが、3,000万円~4,000万円程度の返済になると思われます。
期間は35年ローンの一択で考えています。

仮に、4,000万円のローンを組んだとすると、

金利1%・・・・・・・112,914円 トータル返済額 4,742万円    

金利1.25%・・・・ ・ 117,634円 トータル返済額 4,941万円

今度は3,000万円の時を見ます。

金利1%・・・・・・・84,685円 トータル返済額 3,557万円

金利1.25%・・・・ ・ 88,225円 トータル返済額 3,705万円

というようにどちらも今よりは家賃としては低下しています。
3,000万円の時は、1.25%でも35,775万円安くなるので、住み替えで得と考えました。

オプションを如何に抑えて、3,000万円付近に抑えたいものです。

3、一条工務店の良い所

床暖房

何といっても、全室・廊下・浴槽共に床暖房が付いている事でしょう。冬場もタンクトップで暮らせますね。

太陽光発電・蓄電池

太陽光発電を載せることが出来ます。他のメーカーでも乗せれますが、乗せて発電する量が兎に角大きいのです。

搭載量13.00KW   月に20,449円(10年目まで)、10,103円(20年目まで)

の金額を売電する事が出来る試算になっています。

更に計算していくと、約9年無い程度で購入代金の元が取れます。
発電効率の低下する20年で見て、残りの11年で220万円程度の利益を上げることが出来ます。

家は修繕が必要になるため、そこに使うのであれば、純粋に上記で浮いた家賃35,775円をそのまま自由に使っていて、問題はないと思われます。

ロスガード

全館に取り付けてある、換気システムです。これは只の換気システムではなく、熱交換機能があることにより、夏は涼しく・冬は暖かく部屋を保つ機能がある為、節電効果も期待できます。

空気が循環しているため、花粉症・ほこりも溜まり難いというおまけつきですね。

このロスガードは、半年に1回程度の掃除との事ですが、年1でも十分との事。掃除もフィルターを掃除機で吸うだけなので、簡単です。

トリプル樹脂サッシ

窓ガラスが3重になっているのです。その為、防音性も高く、家の中で大音量で音楽・テレビを聞いても外に響きません。

他メーカーの営業さんは、「窓が重いから空きにくいです。」との指摘をしていましたが、補助機器が取り付けてあり、開閉はすごくスムーズに開けることが出来ます。

外壁

外壁が特殊加工されており、汚れが付いたとしても紫外線が当たることで、分解されて綺麗になるといったハイテクな外壁なのです。

汚れが付きにくいため、家のメンテナンスも長期で行う必要がなくなることも経済的にうれしいメリットです。

4、まとめ

一条工務店にしたのは、結局のところ

システムにほれ込んだからです。

何十年後も後悔はしたくないので、住んでいて快適な住まいを第一位に考えてここに決めました。

 

家づくりは人それぞれ、好みがあるので、一概に他がダメとは言いません。
ですが、もし、機能で選んでいきたいのであれば、私は間違いなく一条工務店をお勧めします。

この記事で、少しでも背中を押す機会になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました