息子に出来るお金の計算。子供がいるなら是非読んで。

自己投資

ねぇ。

今後私はいくらの資産をもらえるんですか?

やーさん
やーさん

えっ?

急に何ですか?

100万円ください。

それで、インデックス投資して、60年ほっとけば、私の2千万円問題は解決するので。

やーさん
やーさん

どこでそんな情報を。

と、いうことで、今回は以前Twitterで見た呟きを検討したいと思います。

 

呟き

そもそも、見たTwitterを記録していないので、追うことは出来ませんが、衝撃を受けたことは確かです。

「100万円をインデックス投資に入れて、60年放置したら、子供の2千万円問題は関係なくなるわ」

といった内容だったと記憶しています。

前提として、100万円を現状息子に出す事は難しい。

ですが、検証しても良いかもしれないですね。

 

検討する理由

やーさん
やーさん

何と言っても、マイサンにはお金の苦労はさせたくない。

加えて、日本には以下の制度があります。

 

児童手当

0〜3才未満 15,000円
3〜小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 10,000円

0〜中学卒業までもらえるお金の事です。

総額 約198万円

結構もらえますね。

これを踏まえて、親がしてあげれる事は何か無いかをこの時間を使って考えたいと思いました。

 

計算結果

後々もらえるので、先に100万円をインデックス3%で60年間運用したとします。

今回使用したのは、

アセットマネジメントOne
アセットマネジメントOneは、国内トップクラスの規模を誇る資産運用会社です。ファンドの基準価額や分配金情報、最新の金融市場や運用状況がわかるレポートなど、皆さまの資産運用に役立つ情報を掲載しています。

投資信託のシュミレーションは多いですが、子供のシュミレーションを出来るものは、中々無いんですよね。

 

結果

 

あれ??

少なくない?

やーさん
やーさん

いやいや。

6倍は十分すごいです。

因みに5%なら、

 

約2千万円❤❤

この事だったようです。

現状100万円はありません。

しかし、今年度中に私の父から息子に50万円用立てると言われました。

それで、急にこんな事を計算してるのね。

 

やーさん家の実際シュミレーション

では、実際にもらえる額と児童手当、大学受験費用などを考慮して計算してみます。

 

①初期費用︰50万円
②月の積立10,000円(18歳まで)
③18歳で大学受験100万円マイナス
④18〜60歳まで放置
※利回りは安定運用の3%を、採用
これで計算してみましょう。
まず、①〜②ですね。
このサイト、整数でないとだめなようで、積立額を1万円にします。

①〜②

何と、18歳のときに3,716,829万円になります。
因みに、私が以前息子用にやっていたドル建て保険の積立は、17,700円で同じくらいでした。
そうするなら、個人でやったほうが7,700円お得になります。

でも個人は保証が無いですよ。

やーさん
やーさん

ふっふっふ!!

ご安心を。

楽天証券なら980円/月で1,000万円の保証(最小)が受けられます。

つまり、6,720円の節約が出来たわけです。
得してますね。
やーさん
やーさん

話を戻そう。

では、次に③〜④です。

③〜④

先程18歳のときに3,716,829円有りました。
ここから、大学受験と入学費用の約100万円を引くと2,716,829円残ります。
では、きりよく271万円をマイサンが60歳になるまでの42年放置したとしましょう。
すると、
9,538,882万円になります。
2千万円の半分は親の私が用意できる計算です。
これに退職金を足せばまぁお金に困窮することは無いでしょう。
親ばかですみません。
ここにもう一つ条件をもう2つ足させてください。
④#30歳まで1万/月積立
⑤#30歳で結婚(200万円マイナス)
④#で30歳まで12年積立すると、
5,613,321円になります。
ここから、結婚費用で、200万円マイナスです。
3,613,321円で、約361万円を30年運用しましょう。
すると、
8,869,201円です。
こっちのほうが少ないですね。
ですが、結婚資金を自分で払ってもらったら、
13,782,885円になります。
とまぁこんな結果です。
3%での運用なので、インデックスの本気を考慮し、現状多めにお金を入れられれば、マイサンは老後の資産を気にせず好きなことを出来ることになります。
習い事をさせて子供を自立させるだけが親の責務ではないと思います。
私で出来なかった自由をマイサンには、届けられるかもしれません。



結論。2千万は貯まらない!!

ということで、長文ではありましたが、読んでいただきありがとうございます。

上記の計算より、私は月に最低でも1万円/月の、積立をして、子供の2千万円問題の半分は解消してあげたいと考えます。

最低でも、

8,869,201円

は貯めれるようです。2千万円は無くともこれだけあればかなり自由な将来を過ごせるはず。

そもそも、児童手当がるので親の元手はほとんどありません。

未来の子供たちに少しでも自由と幸せをあげられれば幸いです。

皆さんの時間のほんの少し子供の未来に向けての考えませんか?

 

私もですが、子供たちにもエールを。

目指せ、脱雇われ!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました