「金持ち父さん貧乏父さん」読破。感想を書きます。

自己投資

最近ちゃんと自己投資をしてますか?

やーさん
やーさん

読ま速度が遅いですが、また1冊読みましたよ。今回はこれです。

やーさん
やーさん

鉄板中の鉄板ですね。

概要

この本は経済自由を遂げ、自分の趣味と言える不動産、株式投資の会社を起こし生活するFIREの民、ロバート・キヨサキ氏の考えをインプットすることのできる本ですね。

私の夢は早期リタイアです。所謂FIREです。前々から読みたいと思っていました。重い腰をやっと上げることができたわけです。

二人の父

キヨサキ氏には2人の父がいます。

貧乏父さん

通称、貧乏父さん。キヨサキ氏の実の父親。教師をしており、クレジットカードの支払いに追われる人生を送る。

教育熱心で、良い大学に進学し、給料の高い会社に就職する事を望む。

金持ち父さん

通称、金持ち父さん。キヨサキ氏の友人マイクの父親で、幼少期からキヨサキ氏とマイク氏に金融の知識、考え方を教える。

構成

この本は、2部構成になっています。

1、教えの書
2、実践の書
主に前半は考え方をインプットすることに注力しており、後半は重い腰を挙げさせる様に経験を書いています。


教えの書

6つの教えがあります。

第一の教え

金持ちはお金のためには働かない。
これはもう実践中です。
中流以下の人間はお金のために働く。金持ちは自分のためにお金を働かせる。

ですが、マインドが違った。

恐怖にかられて仕事をするのでは駄目なのです。

何となく、仕事をしてお金を稼いで生活するといったような流れですが、結論この考えはおかねがいくらあっても変わらない。

つまりは何の為に稼ぐのかと言った、目的が無いのです。漠然とした流れで仕事をすると、この仕事が無くなったら考え、仕事に考えが支配されて自由でなくなるのです。順番が逆と言うことですね。

頭を使い、お金が働いてくれる様に考え抜けと言っています。実に難しい。

第二の教え

お金の流れの読み方を学ぶ。
これは、資産と負債の違いを知ることです。

金持ち父さん貧乏父さんで一番有名な考えですね。第一の教えの答えと言ってもいいでしょう。

金持ちは資産を手に入れる。
中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思いこむ

資産は自分のポケットにお金を入れてくれる
負債は自分のポケットからお金をとっていく
と区別されます。

資産からのお金の流れ    

負債からのお金の流れ

つまりは、資産を買ってそこから収入を得ることが一番大事になります。

お金持ちのお金の流れは以下になります。

資産と負債のバランスが資産>負債となりそれがそのまま、収入になる流れが出来れば自ずとお金は貯まり、支出が減り
収入>支出が出来ればそこからまた資産を購入するといった流れを繰り返し続ければ、資産は増えた経済的自由が手に入るのです。

問題は、収入が増えるとそれに応じて支出が増えるといったことですね。
私も就職してお金が貰えるようになったら、居酒屋のレベルを上げてしまい、お金が貯まらない状況に陥っています。

そして、ここは反省なのですが、キヨサキ氏は持ち家は負債であると言っています。
まぁローンを組んでお金は出る一方で、収入は増やしてくれませんから当然ですよね。

ですが、負債だとしても、貸借対照表がマイナスになっても支出が減るのであれば家を購入しても良いと考えます。

ローン返済と借家の賃料を見た時に、無理なローン返済をせず、賃料よりも安い値段の物件購入であれば、手元に残るお金が増える為、その残ったお金で、資産を買うのであれば決して損にはならないと思います。

第三の教え

自分のビジネスを持つ。

ここでは本当の資産とは何かについて学べます。

1、自分がその場にいなくても収入を生み出すビジネス
2、株
3、債券
4、収入を生む不動産
5、手形、借用証書
6、音楽、書籍などの著作権、特許権
7、その他、かちのあるもの、収入を生み出すもの、市場価値のある物品など

が該当します。つまり、貸借対照表の資産を増やせと言っているわけです。

私に置き換えると、収益は出ていませんが、このブログが上記の1に、そして保有株が2に当てはまります。

他を増やすように今後は勉強の方向をシフトするのも良さそうです。

第四の教え

会社を作って節税する。

副業も該当しますが、本来支出である住宅費、食事、通信費は会社の支出にすることができ、それらの諸経費を引いた利益に税金がかかることになるので、会社の利益を最大限に利用できるわけですね。

両学長の動画でも言われていたのですが、節税対策の重要性です。
ですが、オツムの弱い私は普段の本業の税金対策と混同していました。
結局は副業の収益にかかる税金を減らせるよって事なんですよね。

ここで問題が。私のビジネスのブログは収益がほぼ無いので、税金の話まで行き着いていない点です。
とてもショックですが、この仕組みは後々役に立つと信じます。

ここで、整理すると、

会社を持っている人は、

1、稼ぐ  2、お金を使う  3、税金を払う
といった流れで、

会社のために働く人は、

1、稼ぐ  2、税金を払う  3、お金を使う
といった流れで税金分を損しているので、それだけ自由が遠のく訳ですね。

第五の教え

金持ちはお金を作り出す。

1、ほかの人が見過ごすチャンスを見つける技術
2、資金を集める技術
3、頭のいい人間を集めて組織する技術

これらを駆使して、知識を増やしてリスクを最小限にし、乗り越えリターンを得ていくのです。

つまりは、簡単にお金が手に入る事をしたいのであれば、勉強して、仕組みを理解して、リスクを取れる範囲を限定して資産拡大を図るということです。

第六の教え

お金のためではなく学ぶために働く。

才能だけでは成功しない。才能があってもそれをセールスしていく技術が無いと意味がないですよね。

まずは、学び、学び、学びその知識を合わせて稼ぐといった流れと解釈しました。

つまりは勉強せずに金持ちにはなれないといったことですね。

ただ学ぶのでは駄目です。専門性をきわめるよりも、広い知識をてにすることが大事。

成功のために必要とされる主な管理スキル

1、キャッシュフローの管理
2、システムの管理
3、人間の管理

です。キャッシュフローの管理はお金の流れを整えることを意味し、システムの管理はお金を生み出す流れを壊さないことを意味し、人間の管理は他社を雇うのであれば継続的に働いてもらうようにすることを意味しています。

以上が、教えの書になります。お金の流れを管理して、自分の欲望を管理して資産を増やす様に努めたいと思います。

 

実践の書

ここでは、やらない事のリスクを説明しているといった感じですね。

五つの障害を乗り越えよう

お金の流れについて学んで、その流れの読み方を習得できたからといって、それだけで給料に頼らずに完全に経済的に自立できるとは限りません。

以下の大きな障害を乗り越えなければなりません。

1、お金を失うことに対する恐怖心
2、悪いほうにばかり考えて臆病になる
3、忙しいことを理由に怠ける
4、自分への支払いを後回しにする悪い習慣
5、無知を隠すために傲慢になる

です。

1、お金を失う事が嬉しい人などいません。ですが、失うことへの過度な恐怖は機会損失に繋がるわけですね。

2、起こりもしない事、確率のかなり低い事を考え過ぎてしまうと結果、一歩踏み出す事が出来ないですよね。

3、忙しいから出来ないはただの言い訳。やらない理由を探すよりもできる根拠を探した方が可能性は増えますね。

4、残ったお金でご褒美を買うよりも、先に自分に投資して、足りない分は稼ぐといった考え方にして、自分で自分に、はっぱをかける。

5、無知はお金を失わせる。知らない事を知った風に振る舞っても良いことはないですよね。

スタートを切るための10のステップ

これはキヨサキ氏の思考のプロセスです。

1、強い目的意識を持つ
2、毎日自分で道を選ぶ
3、友人を慎重に選ぶ
4、新しいやり方を次々と仕入れる
5、自分に対する支払いをまずすません
6、ブローカーにたっぷり払う
7、元手は必ず取り戻す
8、贅沢品は資産に買わせる
9、ヒーローを持つ
10、教えよ、さらば与えられん

このなかでも、2が気に入っています。
選択する力。

将来貧乏になるか金持ちになるか、中流のまま終わるか、その道を選択する力は私達の中にある。たとえ、わずかなお金でも手にする度に選択の力を手にしている。金持ちになれるかどうかは、その手にしたお金をどう使うかにかかっている。

お金の流れを今回はより理解出来、マインドも良くなったと思います。


目指せ、脱雇われ!
他にも読んでよかった本は以下になります。
老後の不安の為に年金について勉強してみました。
今日は何か勉強したのですか? ただ、寝てご飯食べてただけですか? やーさん 一応勉強しました。金持ち父さん貧乏父さん読んでますが、中々終わらなくて。 ...
おすすめの1冊!!バビロンの大富豪を読んで思った事。
この間買った本は読み切ったのですか? やーさん バビロンの本は読みました。 それについて整理していきましょうか。 今回読んだ本 今回は久しぶりに読書をしま...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました