保有株は今回も上昇。前回購入銘柄も順調。

今日の保有株は上昇

やーさん
やーさん

週始めはいいスタートが切れたのでは無いでしょうか。

1、窪田さん

さて、今日の窪田さんですが、

+4の279でした。

一歩ずつ確実に上昇してくれれば良いんです。
因みに、一時は290まで上昇していました。
一時期の元気は無いにしても、まぁまぁそこが固くなってきているように思われます。

このまま、プラスに突入する事を期待します。まあ株は我慢料といわれていますからね。

その割には、安すぎる気もしますが。

2、技研さん

今日も順調に上がってくれています。

思惑通りです。

+8の、277でした。
今の私の持ち株の中での唯一のプラス銘柄だけあって、勝手に期待が上がっています。

ですが、1回の大き目の下落で一発マイナスになる立ち位置なので、まだまだ気が抜けないです。

まぁ逆指値を普段から使っていれば、他のマイナス銘柄は、ここまで大きくならなかったと思いますけどね。

なので、切りのいいところで、技研さん逆指値を行っていこうと思っています。

3、逆指値とは

そもそも逆指値って何でしょうか?という話になりますね。

これは、実に便利な機能です。

逆指値とは

通常の指値注文とは逆で、指定したトリガー条件より株価が高くなったら、「買い」、安くなったら「売り」の注文が自動的に発注される注文方法のことです。

詳しく、解説いたします。

○○円以下になったら、

○○円もしくは成行で売りってね

と言った、指定を予め行えるシステムです。

たとえば、技研さんを例に上げてみましょう。

私が買ったのは261です。
現在は、277なので、最低でもプラスの内に切りたいと思います。
なので、
265以下になった時に成行で売るといった形だと、大体その近辺で売る事ができます。

すべての銘柄にこの機能を導入していれば、ここまで含み損が膨らむことはなかったのですよね。
後悔してもしょうがないです。ですが、やっぱり、損はしたくないといった考えが働いてしまいます。
私の購入銘柄は、少しの増加しかなく、その後低下することが多いです。なので、買ってすぐに逆指値を入れると、
100円くらいの利益がないのに売られてしまい、手数料負けを起こしてしまうから、なかなか、踏み切れないでいいるのが
現実です。

SBI証券であれば、手数料がかからない範囲で行えるので、基本そちらで運用を行っていくのをお勧めいたします。
この様な便利な機能がある為、上手く使いこなして、私みたいに含み損マックスにならない様にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました